#こんコロ2

mokumoku studio

2020年春、緊急事態宣言発令を受け、mokumoku studioはこの未曾有な時間をアーティストとして記録に残すため「こんなコロナのご時世ですが #こんコロ(連載マンガ#こんコロ千秋楽)」を連載しました。

マンガこんコロの人物集合の絵
連載マンガ「こんなコロナなご時世ですが」

そして約1年後の2021年4月25日から3度目の緊急事態宣言が発令されました。
同じ危機的な状況でも1年前とは確実に違う。環境も私たちも。

掛田智子という1人の人間が、何を思い何を感じているのか。
私というフィルターを通して見る世界は、あなたが見る世界とは違うだろうか。
コロナであってもコロナでなくても、身体は疲労し心はすり減るのだろうか。

日記的に心の情景を文章で表現し、絵描のちからがそこからインスピレーションを受け絵で表現します。
絵日記のように、2回目の春をドキュメントします。

  • 犬のアジェンダ
    実家の犬、キャバリアのきりんはよく吠える散歩の際、ほかの犬とすれ […]
  • それでも私は美しい
    私は自分の裸体を観察する自分の身体は絵画の大切なモチーフであるし […]
  • まあるくやわらかく
    はぁここ半年全く自分に意識を向けられてなかったな以前はルーティン […]
  • 手術したよ
    相方からメッセージが届いた 「手術したよ」 え どういうこと 1 […]
  • 明日はロングスカートをはく
    これは珍しいと買った明日初めてお目見えするロングスカート漁業網の […]
  • 見ちゃいけない自分
    今朝ゴミ出しの準備をしていて ふとベランダから家の中を見る瞬間が […]
  • なんかやりたいなんかやりたい
    自分でもびっくりするほどの鬱を経験し今週はなんとか心が上向きだと […]
  • 今日は母の手術
    白内障の手術はごく一般的で 日帰りでもできるほど 母も何度も受け […]
  • 裸足きもちいい
    裸足になって砂浜を歩いた太陽であったまった砂が心地よくてなんでも […]
  • 穴のはなし
    私がもっと若かったころ女性として欲される事によって自分が肯定され […]
  • デイリー脱力プラクティス
    海にプカプカ浮く夢を見た 砂浜はなくて そこはもう海で 勇気を持 […]
  • 大人のかお 子どものかお
    ときどきある小学校のときの同級生の大人バージョンに出会うとき広島 […]
  • 素麺が美味しい季節になりました
    冷たいものはできるだけ避けるようにする私ですが今日の東京はとても […]
  • 障子に穴が空いていた
    今朝起きたら隣にある障子に穴が空いていた昨夜まではなかったのに3 […]
  • 風邪の日のカロリー無制限祭
    風邪をひいている時食欲が落ちないことは良いことだ 身体が欲する心 […]
  • ちょっとずつの引っ掛かりのおっきな山
    自分が思っている以上にコロナの影響を受けているのだろう最近心と身 […]
  • おかゆを米から炊く
    相方が昨晩からお腹が痛く眠れなかったと 米からおかゆを炊くこんな […]
  • 大人になってごめんなさい
    子供の頃に感じていた存在や匂いや音や見ていた色や抱いた恐怖や い […]
  • 私のお葬式には薔薇色の装いで
    なぜなぜなぜそんなもんなんですそれが社会の成り立ちなのです忘れた […]
  • 10代の終わりは沖縄で過ごした
    絵が描けなくなった初めて心が疲れている自覚自分でも自分にどうにか […]
  • 鏡を見る時間が足りない
    10代の頃はいつまでもいつまでも鏡を見て過ごしていられた自分を魅 […]
  • 絵日記「こんコロ」延長宣言
    絵本とアート制作で生活していこうと、去年の4月1日付けで税務署に […]
  • ショッピングの美学
    オンラインでのショッピングは便利でよく利用するが、やはり私は人か […]
  • 生理で不機嫌な日曜日
    理由が明確であるだけ良いだろう 悲しみ怒り苛立ちそんなネガティブ […]
  • 曇り空は目が痛い
    太陽がギラギラしている時よりも厚い雲が空を覆っている時の方が眩し […]
  • 私はオリンピックに出たかった
    表面は熱くて手が触れられないのに中身は冷え切っているような なん […]
  • 心を亡くすと
    予定をつめつめに頭もつめつめに予定から予定へ忙しくしていると 心 […]
  • 鳥を想う
    鳥がよくやってくるおしゃべりな鳥隣の家の屋根の上のアンテナだかな […]
  • グレイはグレイのままに
    以前も年齢に関して書いた。社会が定義する年齢層に適した行動や身だ […]
  • 広島名物 メロンパン – 坂の途中の緑の看板
    私はあまりパン食いではないのだが広島に帰省すると追い求めるパンが […]
  • 今週は忙しい。(明日から働きたくない)
    なんだってどうだって。今週が終われば、来週だけは。これこれは私の […]
  • もやもやをもやもやのままにする勇気
    スーパーのお惣菜売り場をぐるぐるする。お腹がすいていて、今日は何 […]
  • 年齢、ぐわんぐわん
    私もいよいよ、社会的な定義だと「いい歳」と呼ばれる年齢になったの […]
  • 雨の日のイノベーション
    雨は嫌いではない。雨音を聞くのが好きだし、雨のにおいも好き。車が […]
  • 犬の耳の裏のにおい
    新聞の記事で「動物園のにおいがきついのでなんとかして欲しい」とい […]
  • 漂流教室と今年の梅雨
    日本の一部では例年よりも随分早く梅雨入りしたそうだ。これから去年 […]
  • 昼寝はべつ腹
    私は昼寝が好きだ。もっと正確に言うと昼寝で得られる感覚が好きだ。 […]
  • 私はさか上がりと跳び箱ができないそして今は誇りを持っている
    体育の授業は苦痛だった。運動神経がそれはそれは悪い私は、何をやっ […]
  • 流行は時代遅れ
    もうやり尽くした感がある 緑、グレー、オレンジ、ピンク、赤、紫、 […]
  • 眠ること怖いとき
    心も身体もくたくたで 全身で早く眠りに落ちたいと思っているのにな […]
  • オンライン苦 | 私とあなたの間のふわふわしたとてつもなくどでかい壁
    良いこともある。オンラインで会議ができるようになって、プロ野球選 […]
  • 走ること
    マラソン大会ではいつも歩いていた やる気というものは最初から皆無 […]
  • パイナップルが食べたい
    パイナップルが食べたい甘酸っぱいパイナップルが食べたいヨーグルト […]
  • 素晴らしい芸術作品て
    考えあぐねて絵の具をこねくりまわし何度も失敗しああでもないこうで […]
  • ああ言えばこう言う
    この関係は10年続いている どちらも折れない お互いにああ言ってこう言っているともともと 何についてもめているか失念することがある それは宇宙に弧を描くように脱線し 隕石を降り注ぐ
  • 夢で、
    外出時は足に鈴をつけることになっていた夢で、良かったー
  • 私を興奮させるカレー
    日本の所謂ルーはなくても良い スパイスとトマトで煮込めば良い 白ワインと頂くのが良い
  • 母の強さと弱さ
    そんな母も歳をとる。 目が見えづらくなる。 できなくなったことが増えた。 会うたびに小さくなる。 守っていた立場から、守られる存在になった。
  • 海老フライ祭
    実家が満を持して年一度行う行事とも言える海老フライ祭。 親戚が送ってくれるブラックタイガーを、 迷いなく海老フライとして調理をする。 食べる。 出来立てを、食べる。 ぷりぷりの海老がたまらない。
  • 本屋の神様
    本屋さんが好きだ昔から好きだ小さな本屋から大きな本屋まで大好きだ […]
  • ランドセルの底でくしゃくしゃになってるプリントとか
    なぜだかわからないけどついてしまった嘘や 何か家族にとって大切なものを壊してしまった時や なくしてしまった傘や トゲトゲがついたボールがずっと心のなかにひそんでいて、たまに影を出しては暗くさせた 心配で世界が終わるかのように感じた そのトゲトゲボールが 長い時間をかけて形を変える小石のように だんだんまあるくなって 大丈夫だよ 世界は相変わらず回っているし、この部屋もとてもあたたかいって言っているようで。
  • 白い広い原っぱのほんの一点の黒
    これは白でしょと 言われても、少しだけグレーがかってるよな?て思えたり
  • 懐かしくてきゅんとするなくなって立ちすくむ
    大好きで仕方なくて、無くなってしまった時にあまりのショックに事実を処理しきれず、その場に立ちすくんでしまった経験が、みなさんはあるだろうか。 私はある。 広島金座街にあったパフェのツチイ。パフェ専門店で、考えつくことのできるありとあらゆるパフェを楽しむことができた。チーズケーキがどんと乗っているもの。フルーツで埋め尽くされたもの。モンブラン。チョコレート。グラタンなど食事系も置いてあった。そこはまさに夢の国で、店頭のサンプルを見ているとわくわくして目移りする。
  • 赤い球団のこと彼らがもたらしているもの
    私はカープ ファンだ。 カープグッズなどを持っていると、やはり東京においては「カープ女子ですか?」と聞かれることが多い。その時は「いいえ、筋金入りのカープ ファンです」と答えるようにしている。 元々父が野球をしていて、もちろんカープ ファンであるということが大きい。 彼がもっと若かった時は気性が荒く、カープが負けると必ず機嫌が悪い。 子供ながらにカープの試合の結果を気にし、
  • 4と5は両想いで7はキザ野郎
    子供の頃は、いくつぐらいまでだろう、手のひらが自分のプレイグラウンドだった。 その得体の知れない物体を見つめ、始まったばかりの生命みたいな感覚と、自分という訳のわからない感覚と、そこにある身体とよばれる1部を恐れては、たまに忘れ、眺めてはぼうっと考えとは呼べない何か抽象的な物語を断片的に、その手のひらに投影していた。
  • こんなに飽きっぽい私が続けている唯一の事
    朝食には納豆と目玉焼きとご飯を食べる。必ず食べる。いや、1年に1 […]
  • 白い吊り革か 銀色の棒か
    電車の中のアナウンス。「急病のお客様を救護した関係で四谷駅には4 […]
  • 2021の#こんコロ
    2021年4月25日から5月11日まで、「こんなコロナのご時世で […]
  • 連日の深酒が寄与しているのか顔が乾く
    連日の深酒が寄与しているのか顔が乾く。世の中が少しゆがんで見えて […]