#こんコロ2

mokumoku studio

2020年春、緊急事態宣言発令を受け、mokumoku studioはこの未曾有な時間をアーティストとして記録に残すため「こんなコロナのご時世ですが #こんコロ(連載マンガ#こんコロ千秋楽)」を連載しました。

マンガこんコロの人物集合の絵
連載マンガ「こんなコロナなご時世ですが」

そして約1年後の2021年4月25日から3度目の緊急事態宣言が発令されました。
同じ危機的な状況でも1年前とは確実に違う。環境も私たちも。

掛田智子という1人の人間が、何を思い何を感じているのか。
私というフィルターを通して見る世界は、あなたが見る世界とは違うだろうか。
コロナであってもコロナでなくても、身体は疲労し心はすり減るのだろうか。

日記的に心の情景を文章で表現し、絵描のちからがそこからインスピレーションを受け絵で表現します。
絵日記のように、2回目の春をドキュメントします。

  • ゆるがぬ身体
    忙しさにも悲しさにも食べ過ぎにも ゆるがぬような強靭ゴムのような […]
  • 額に汗かきつつ記す
    夜間工事 騒音ありつつ 人が行う営み手仕事に 感謝しつつ 枕に頭 […]
  • マニキュアと浮腫
    欠け始めたネイルポリッシュ わたしの眠気と 祭りの後のくたびれと […]
  • 買い物の変革
    あったらいいな なきゃこまる買い物も哲学であり 思想である 最近 […]
  • 月と目があう
    涼しい球場と寒い試合それでもわたしはここにいる月もいるあまりにも […]
  • 顔が足りない
    化粧箱ひっくり返して みるわたしの狂気 さみしさと あせりと 誤 […]
  • 大忠臣蔵
    大忠臣蔵を観ている 興味があるのは 自分の殿様のため 自分の命さ […]
  • 秋の夜長に
    会議後のほてったからだと 煮えた頭を 秋の夜風で冷やす ああ気持 […]
  • 時間とわたし
    ぐっと息をとめて 今日が 今週が 今月が 今年が終わるのを待って […]
  • 父を待つ犬
    父が東京に来ていた 過去数日用事で東京に滞在していた その分私た […]
  • 買い物とは
    相方が悩んでいる かねがね欲しかったカメラを買うタイミングが来て […]
  • 週末はなぜ過ぎ去るのが早いのか
    待ちに待っても 心ゆくまで味わう前に 週末は過ぎ去ってゆく こん […]
  • 虫 本 コーヒー
    本にどっぷりつかる時間を作りたくて でも運動もしたくて 考えこむ […]
  • 耳の穴に水
    風呂に入った 久しぶりに耳に水が入っている 風呂の中でぴょんぴょ […]
  • 大切な友人の誕生日
    大切な友人の誕生日だ 9.9 一度覚えたら忘れない 20代前半で […]
  • お花畑を探しに
    絵本やアニメで見たお花畑が見たかった 一面に広がる どこまでも続 […]
  • 今夜のサヨナラ
    言いたいことはいろいろあるのだが やはりここで言えるのが私は生ま […]
  • 前髪とリモートワークルージュ
    伸ばしていた前髪を切り 眉毛あたりのぱっつん 鏡を見るたびに新鮮 […]
  • テクマクマヤコンコンパクト
    小さい頃どうしても欲しくて でもとても人気があったのだろう どの […]
  • はじめてのコロナ禍野球観戦
    去年は全く行けなかったので 久しぶりの野球観戦しかもコロナ禍 ビ […]
  • 仲良く喧嘩する
    10年以上の付き合いであるが 相変わらずとても仲良く 相変わらず […]
  • 程遠いなりたい自分
    今年こそ今年こそなりたい自分になるんだって 思い願うばかりでどれ […]
  • 夏がまだ残ってる
    いきなり手のひらを返したような空気に 短パンの私は いや ちょっ […]
  • 蝉つまみ出し
    今朝中央線に乗っていると 羽音が聞こえた あたりの人達みな周囲を […]
  • 夕暮れラン
    走ろうか いや疲れているしね 走ろう 暑さも落ち着いた夕暮れ時に […]
  • 最近は頭皮
    スカルプマッサージにはまっている この蒸し蒸しもやもやした天気と […]
  • ピアノが弾きたい
    ピアノを買うことを検討している 子供の頃に習っていて 高校ぐらい […]
  • 洗濯物の美学
    洗うはよし 干すはよし 洗濯が好きだ 天気予報をモニタリングし […]
  • ちょうすけ
    今日はちょうすけの命日だ 3年前ちょうすけという愛のかたまり 愛 […]
  • お父さんお誕生日おめでとう
    美大生だったころの父に会ってみたいと思う のっぽさん帽子に ベル […]
  • リモート業務における服装についての考察
    リモートでの仕事が増えると 服選びに困る 一日中座っているならゆ […]
  • 水出しアイスコーヒーの最高峰
    近所に老舗のコーヒー豆屋さんがあって引越してきてからというものか […]
  • なんにもしないことを全力でした日
    のび太の名言のひとつである 一生懸命のんびりする なかなかできる […]
  • Head to toe
    ぽわんとしている 全身がおもだるい 目を閉じてみると イグアナの […]
  • かわいいわたし
    何か今日わたし理由もなく美しいじゃん と思う日がたまにある 久し […]
  • 想像する広島
    今日は久しぶりに広島に太陽が戻ったと 母から連絡がきた これだけ […]
  • Undercooled
    仕事でもやもやしていたかもしれない 生理も重なっていらいらしてい […]
  • 胸騒ぎ
    朝からずっと胸騒ぎがする 胸が痛い 心が重い 心配がつきない 広 […]
  • 電車と本
    中央線に乗り込み、あいている席に座る となりのおばあちゃんが本を […]
  • グレーという色調
    遅めの朝ごはんを食べていると相方が対岸にすわる うちは暗くてもな […]
  • 選択できるということ
    当たり前すぎて 見過ごしているけど 選択肢を持つということ 自分 […]
  • 空水
    水が空から降ってくる 不思議なことだ 水が空から降り続ける しか […]
  • 母の歩み
    昔の母の写真を見るとまるで今のわたし 父の方に顔立ちは似ているの […]
  • 自らの道を切り開くということ
    想像を超えていた祖父母の墓は呉市仁方の山の中にありそれはそれは自 […]
  • その時間を切り取る
    8月9日 11時2分にシャッターを押してください。 長崎のアマチ […]
  • 晩夏
    見つけてしまったちいさい秋を感じてしまった夏の終わりを 暑さの中 […]
  • 今日は夕方までパジャマでいた
    ふだんは家で仕事していてもそれなりの身なりを心がける服は心とつな […]
  • 経験が邪魔する
    もう髪も綺麗に伸ばしたし 思いっきりオレンジに戻しちゃおうか 赤 […]
  • 8月6日
    わたしの故郷は一度焼かれた わたしのアイデンティティの大きな一部 […]
  • アンカー
    めまぐるしい日々の中で わたしはめまぐるしさと一緒にくるくる回る […]
  • デジタルワールドと空
    太陽が猛威をふるい空のてっぺんに昇る軌道を描く間私はというとバー […]
  • 過去数日の音楽と私
    次の人生は歌手になると決めているぐらい もともと歌うことが大好き […]
  • 真夜中のスポーツドリンク
    激しい喉の乾きに目が覚めて キッチンに向かう そうだ 今夜は飲み […]
  • 鬼ごっこ
    鬼ごっこてすごいいろいろな意味ですごい今日は何十年ぶりだろう?ル […]
  • 延長と延長の末
    4月25日に発表された緊急事態宣言から始めた今回のこんコロ。 も […]
  • 123456789
    12345678910111213141516171819202 […]
  • おばあちゃんこ
    100歳だやってくれた やってくれると信じてた わたしのおばあち […]
  • 風の音
    (うちは最低限の照明しかつけない 今も真っ暗な部屋でこれを記して […]
  • おしり
    私の身体の中でどこが1番好きかって? 足と答えるようにしてるんだ […]
  • それはそれは空が綺麗だから
    買って帰るか 今日は買って帰らないか 今電車に揺られ 熟考してい […]
  • 今日は日曜日らしい
    うちの枕は窓際にある朝日は昇るのが気が早い私も恩恵を得て早起きを […]
  • 工場と掃除
    尊敬する和菓子の社長は毎朝まず掃除から始めるという新しい働き方ニ […]
  • 国民の祝日
    世の中うんざりすることばかりで 吐き気がするような 落胆すること […]
  • 母の誕生日
    7月22日母の誕生日 私が世界でもっとも好きなひと この当たり前 […]
  • ロブ
    わかっていた今日はロブが部署の全体ミーティングを開催する最後の日 […]
  • 観察
    柱に蜘蛛がいる2匹いる 1匹は全長1.5センチほどでがっちりした […]
  • 夜中のトイレ
    それでもなお 夜中に目覚めトイレに行かなければならない できれば […]
  • 夏の日の早い朝の朝
    夏の日の早起きが好きだ明らかにこの数日違う私の身体が違うって言っ […]
  • 意味は必要ないのかもしれない
    梅雨明けの太陽が照りつけて庭の樹々のコントラストが激しい激しく美 […]
  • 疲れのブロック
    好調に推移してきたので 自分にどれだけの疲労の塊があるのか 把握 […]
  • ぶらぶら、洗剤、漂白剤、柔軟剤と
    ランドリーランドリー 今日はコインランドリー たまった洗濯物を放 […]
  • 鯵の干物
    所謂内側が主役だが ペロンと外側を見てみると 2つの目が中央に寄 […]
  • 素敵な大人の女性たち
    人生の大切な場面で大切な年上の女性に出会ってきた 彼女たちは笑い […]
  • 洗濯機さんごめんなさい
    私は洗濯が好きだ 洗濯物を干すのが好きだ 取り込んでたたんで収め […]
  • 断食という選択 最終日
    この断食の旅にノートを持っていった 使いかけの自分の思いついた感 […]
  • 断食という選択 Day3
    午前中はまた落ち込んでいた 結局自分なんて同じ思考回路を辿るばか […]
  • 断食という選択 Day2
    決して空腹という感覚があるわけではない 今朝は少ししんどかった […]
  • 断食という選択 Day1
    東京駅から特急サフィール踊り子号に乗り伊豆高原へ やすらぎの里と […]
  • いつも人の顔色を見ていますね
    そう小学校の先生に注意された何かをグループでやるときに班のメンバ […]
  • ずいぶん大人になったけど、やっぱり関係って難しい
    気に食わないことは底なしにあるだろう 追求して整理したくなる 絶 […]
  • ホシ スジ イボ
    子供の頃は体に不思議がたくさんあった 爪には白い点がたくさんあり […]
  • 2人暮らしパート2
    相手の放つひとことに 10年以上だったこんにちも きちんときずつ […]
  • 2人暮らし
    もう10年以上一緒にいるすいもあまいも美しいも醜いも半径50セン […]
  • マインドフルネスとはよく言ったもんで
    自分がおこなっている事に対して どれだけ集中できているか どれだ […]
  • ほんの少しだけ
    電車の中でうつらうつら なんで気持ち良いんだろう ああ ここで目 […]
  • Nude
    真夜中にふと目が覚めて 自分が何者かわからない時がある 女性で  […]
  • 雨に付随する良いこと
    会議の嵐の1日が終わって外に飛び出した傘を持たずにわざと傘を持た […]
  • まちのコーヒー豆
    西荻の近所に愛すべきコーヒー豆のお店があるおじさん1人で切り盛り […]
  • 掛田智子、生理について語る
    私は生理を人生何度体験したのだろう小学校の頃、「生理」という言葉 […]
  • 手を伸ばしても届かないけれども
    雨が降り始める時が好きだ予期せず始まるシネマのようにぽつ ぽつ  […]
  • 分かち合えない痛み やっぱりいっしょの時間
    他者の痛みはわからないでも想像はできる想像しかできない想像じゃ追 […]
  • 硬いアボカド
    先日大きなアボカドを2つ購入した アボカドやキウイの熟れ具合を見 […]
  • 風呂上がりアイス
    突然子供の頃に食べた銀紙に包まれたアイスが食べたくなったバニラ味 […]
  • 私という磁石
    フリーランスとして仕事をしていると いや ある意味どんな立場であ […]
  • 犬のアジェンダ
    実家の犬、キャバリアのきりんはよく吠える散歩の際、ほかの犬とすれ […]
  • それでも私は美しい
    私は自分の裸体を観察する自分の身体は絵画の大切なモチーフであるし […]
  • まあるくやわらかく
    はぁここ半年全く自分に意識を向けられてなかったな以前はルーティン […]
  • 手術したよ
    相方からメッセージが届いた 「手術したよ」 え どういうこと 1 […]
  • 明日はロングスカートをはく
    これは珍しいと買った明日初めてお目見えするロングスカート漁業網の […]
  • 連日の深酒が寄与しているのか顔が乾く
    連日の深酒が寄与しているのか顔が乾く。世の中が少しゆがんで見えて […]
  • 2021の#こんコロ
    2021年4月25日から5月11日まで、「こんなコロナのご時世で […]
  • 白い吊り革か 銀色の棒か
    電車の中のアナウンス。「急病のお客様を救護した関係で四谷駅には4 […]
  • こんなに飽きっぽい私が続けている唯一の事
    朝食には納豆と目玉焼きとご飯を食べる。必ず食べる。いや、1年に1 […]
  • 4と5は両想いで7はキザ野郎
    子供の頃は、いくつぐらいまでだろう、手のひらが自分のプレイグラウンドだった。 その得体の知れない物体を見つめ、始まったばかりの生命みたいな感覚と、自分という訳のわからない感覚と、そこにある身体とよばれる1部を恐れては、たまに忘れ、眺めてはぼうっと考えとは呼べない何か抽象的な物語を断片的に、その手のひらに投影していた。
  • 赤い球団のこと彼らがもたらしているもの
    私はカープ ファンだ。 カープグッズなどを持っていると、やはり東京においては「カープ女子ですか?」と聞かれることが多い。その時は「いいえ、筋金入りのカープ ファンです」と答えるようにしている。 元々父が野球をしていて、もちろんカープ ファンであるということが大きい。 彼がもっと若かった時は気性が荒く、カープが負けると必ず機嫌が悪い。 子供ながらにカープの試合の結果を気にし、
  • 懐かしくてきゅんとするなくなって立ちすくむ
    大好きで仕方なくて、無くなってしまった時にあまりのショックに事実を処理しきれず、その場に立ちすくんでしまった経験が、みなさんはあるだろうか。 私はある。 広島金座街にあったパフェのツチイ。パフェ専門店で、考えつくことのできるありとあらゆるパフェを楽しむことができた。チーズケーキがどんと乗っているもの。フルーツで埋め尽くされたもの。モンブラン。チョコレート。グラタンなど食事系も置いてあった。そこはまさに夢の国で、店頭のサンプルを見ているとわくわくして目移りする。
  • 白い広い原っぱのほんの一点の黒
    これは白でしょと 言われても、少しだけグレーがかってるよな?て思えたり
  • ランドセルの底でくしゃくしゃになってるプリントとか
    なぜだかわからないけどついてしまった嘘や 何か家族にとって大切なものを壊してしまった時や なくしてしまった傘や トゲトゲがついたボールがずっと心のなかにひそんでいて、たまに影を出しては暗くさせた 心配で世界が終わるかのように感じた そのトゲトゲボールが 長い時間をかけて形を変える小石のように だんだんまあるくなって 大丈夫だよ 世界は相変わらず回っているし、この部屋もとてもあたたかいって言っているようで。
  • 本屋の神様
    本屋さんが好きだ昔から好きだ小さな本屋から大きな本屋まで大好きだ […]
  • 海老フライ祭
    実家が満を持して年一度行う行事とも言える海老フライ祭。 親戚が送ってくれるブラックタイガーを、 迷いなく海老フライとして調理をする。 食べる。 出来立てを、食べる。 ぷりぷりの海老がたまらない。
  • 母の強さと弱さ
    そんな母も歳をとる。 目が見えづらくなる。 できなくなったことが増えた。 会うたびに小さくなる。 守っていた立場から、守られる存在になった。
  • 私を興奮させるカレー
    日本の所謂ルーはなくても良い スパイスとトマトで煮込めば良い 白ワインと頂くのが良い
  • 夢で、
    外出時は足に鈴をつけることになっていた夢で、良かったー
  • ああ言えばこう言う
    この関係は10年続いている どちらも折れない お互いにああ言ってこう言っているともともと 何についてもめているか失念することがある それは宇宙に弧を描くように脱線し 隕石を降り注ぐ
  • 素晴らしい芸術作品て
    考えあぐねて絵の具をこねくりまわし何度も失敗しああでもないこうで […]
  • パイナップルが食べたい
    パイナップルが食べたい甘酸っぱいパイナップルが食べたいヨーグルト […]
  • 走ること
    マラソン大会ではいつも歩いていた やる気というものは最初から皆無 […]
  • オンライン苦 | 私とあなたの間のふわふわしたとてつもなくどでかい壁
    良いこともある。オンラインで会議ができるようになって、プロ野球選 […]
  • 眠ること怖いとき
    心も身体もくたくたで 全身で早く眠りに落ちたいと思っているのにな […]
  • 流行は時代遅れ
    もうやり尽くした感がある 緑、グレー、オレンジ、ピンク、赤、紫、 […]
  • 私はさか上がりと跳び箱ができないそして今は誇りを持っている
    体育の授業は苦痛だった。運動神経がそれはそれは悪い私は、何をやっ […]
  • 昼寝はべつ腹
    私は昼寝が好きだ。もっと正確に言うと昼寝で得られる感覚が好きだ。 […]
  • 漂流教室と今年の梅雨
    日本の一部では例年よりも随分早く梅雨入りしたそうだ。これから去年 […]
  • 犬の耳の裏のにおい
    新聞の記事で「動物園のにおいがきついのでなんとかして欲しい」とい […]
  • 雨の日のイノベーション
    雨は嫌いではない。雨音を聞くのが好きだし、雨のにおいも好き。車が […]
  • 年齢、ぐわんぐわん
    私もいよいよ、社会的な定義だと「いい歳」と呼ばれる年齢になったの […]
  • もやもやをもやもやのままにする勇気
    スーパーのお惣菜売り場をぐるぐるする。お腹がすいていて、今日は何 […]
  • 今週は忙しい。(明日から働きたくない)
    なんだってどうだって。今週が終われば、来週だけは。これこれは私の […]
  • 広島名物 メロンパン – 坂の途中の緑の看板
    私はあまりパン食いではないのだが広島に帰省すると追い求めるパンが […]
  • グレイはグレイのままに
    以前も年齢に関して書いた。社会が定義する年齢層に適した行動や身だ […]
  • 鳥を想う
    鳥がよくやってくるおしゃべりな鳥隣の家の屋根の上のアンテナだかな […]
  • 心を亡くすと
    予定をつめつめに頭もつめつめに予定から予定へ忙しくしていると 心 […]
  • 私はオリンピックに出たかった
    表面は熱くて手が触れられないのに中身は冷え切っているような なん […]
  • 曇り空は目が痛い
    太陽がギラギラしている時よりも厚い雲が空を覆っている時の方が眩し […]
  • 生理で不機嫌な日曜日
    理由が明確であるだけ良いだろう 悲しみ怒り苛立ちそんなネガティブ […]
  • ショッピングの美学
    オンラインでのショッピングは便利でよく利用するが、やはり私は人か […]
  • 絵日記「こんコロ」延長宣言
    絵本とアート制作で生活していこうと、去年の4月1日付けで税務署に […]
  • 鏡を見る時間が足りない
    10代の頃はいつまでもいつまでも鏡を見て過ごしていられた自分を魅 […]
  • 10代の終わりは沖縄で過ごした
    絵が描けなくなった初めて心が疲れている自覚自分でも自分にどうにか […]
  • 私のお葬式には薔薇色の装いで
    なぜなぜなぜそんなもんなんですそれが社会の成り立ちなのです忘れた […]
  • 大人になってごめんなさい
    子供の頃に感じていた存在や匂いや音や見ていた色や抱いた恐怖や い […]